FX取引業者の破綻

スポンサードリンク

  
「金融先物取引会社が続々と破たん」という記事が大きく取り上げられた、2005年11月26日付けの読売新聞の記事を参考までに抜粋します。

<ここから>
 
 取引業者の破たんが相次いでいる。

 8月以降、少なくとも27社。7月からの規制強化が背景にあるが、破たん直前に資産を別会社に移した疑いのあるケースもある。

 金融庁、証券取引等監視委員会は業者の監督や集中検査に乗り出し、7月以降、既に延べ39社に業務停止命令を出している。

 「少ない資金で取引できます」。埼玉県の60歳代の女性宅には、昨年10月ごろからこんな電話が頻繁にかかるようになった。株を売り、まとまった資金ができた直後のことだ。
勧誘を受けたのは、「外国為替証拠金取引」。
元手となる金(証拠金)を業者に預け、その数倍から数十倍もの外貨を売買、為替相場の変動で差益を得る仕組みだ。
少ない元手で多額の売買をできる反面、リスクも高い。

 この女性は、東京・新宿区の取引業者に500万円を預けたが、同社は今年10月20日に事務所を閉鎖し、破産手続き中。会社からは証拠金の返還も説明もなく、「夜逃げのように連絡を絶つのはひどい」と憤る。

 元社員らによると、同社は顧客と自社の資産を分けて管理しておらず、経営陣は破たん直前、役員の親族企業を経由して約8000万円を別の同取引業者側に送金。

この会社を買収し、一部の社員を移籍させた。社長は「顧客である役員の親族企業に返金しただけ」
とするが、元社員らは「顧客資産を買収資金の一部に流用した疑いがある」と、関東財務局に通報したという。

<ここまで>

2005年7月より施行された「改正金融先物取引法」により、外国為替証拠金取引を取扱う会社すべてが金融庁へ登録することを義務付けられましたが、当然不健全な業者には認可が下りないわけで、そうなると今後は業務を続行することが不可能になります。

2006年になりようやく悪質な業者が淘汰され、誰もが安心して取引できる環境が整いつつあります。

今一度、ご自分の取引されている会社を見直してみましょう。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【FX (外国為替証拠金取引) 初心者 ガイド】のサイトトップに戻る▲

FXとは?
FX(外国為替証拠金取引)とは? FXは金融商品のひとつです
FXと外貨預金の比較
FXと外貨預金・外貨MMF FXの手数料 FXのスワップ(スワップ金利) FXの柔軟なトレード FXの柔軟なトレード2 FXの柔軟なトレード3 FXのレバレッジ
初心者のためのFXのリスク
リスクコントロールが重要です 為替下落リスクにはレバレッジ管理 レバレッジについて@ 強制決済(ロスカット) レバレッジとロスカット レバレッジについてA 短期売買と長期保有
FX 業者の比較
FX取引業者の選択 FX取引業者の破綻 金融先物取引法 FX取引会社のおすすめについて 外為どっとコム(外為ドットコム) セントラル短資オンライントレード   ひまわり証券
FX 取引の方法 比較
FXの取引方法 キャリートレード
FXの税金
FXの税金
FX 初心者 用語解説
FX 初心者のための用語 1
初心者がFX を学ぶ
FXを学ぶ 本を読んでFXを理解しましょう 教材はタダで手に入れましょう FXのバーチャルで学ぶ
FX 初心者 参考教材
FXの書籍
投資・FX・貯金リンク集
FX 参考リンク集1
当サイトについて
当サイトのプライバシーポリシー 相互リンクについて・免責事項
 

FX (外国為替証拠金取引) 初心者 ガイドサイトマップ