FXの柔軟なトレード2

スポンサードリンク

買いポジション(ロング)と売りポジション(ショート)

FXでは買いポジション(ロングと言います)だけでなく、売りポジション(ショートと言います)から取引を開始することができます。

株式投資で信用取引を経験している人には分かりやすいですね。

外貨を「買って売る」だけでなく「売って買い戻す」ことにより為替差益を得ることができます。

つまり、上昇トレンドと下降トレンドの両局面において売買をして利益を出すチャンスがあるのです。

取引に慣れてくれば、資金を寝かしておくことがなく効率的にな運用が可能となるでしょう。

そして、実際に通貨の受け渡し決済を行うことも可能ですので貿易や海外投資にかかる為替予約・リスクヘッジを行うこともできます。

例を挙げると、3ヵ月後に某企業はアメリカの企業に10万ドルを支払う予定がありその時の為替レートがドル高になっていると損失を被るので、現時点で10万ドルの買いポジションを作っておきます。
そうすることにより、3ヵ月後にはポジションを作った時のレートの日本円を取引業者に支払えば良いので、不確定な為替の変動からリスクヘッジができるのです。

個人に以上のことは関係ないですが、とにかく「買い」(ロング)も「売り」(ショート)もできるのです。
トレンドは変わりますので、外貨預金でよくあるドル円や豪ドル円などの「買い」のみでなく、他にもさまざまな通貨ペアがありますので、それらも含めてトレンドをチェックしましょう。
FXではそうすることにより、資金を寝かせることのないようにしたり、分散投資ができるのです。
 
しかしFXの「売り」で注意したいことは、例えば、クロス円(対円)のショート(売り)は、現在では低金利の円を買って高金利の他通貨を買うことになるので、スワップは払うことになります。

その点は注意して、長期に渡って損失を被ったままの売りのポジションを持つ(つまり塩漬け)ことは極力避けるべきです。

けれども外貨預金や外貨MMFなどは当然ながら「買い」のみです。
しかも定期にする人が多いようですが、それではトレンドを無視することになり、分散投資もなかなかできませんね。たまたま良いタイミングになったとき以外ではよほどの余裕資金をいつまでも寝かせておける方でないと有利にはならないでしょう。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【FX (外国為替証拠金取引) 初心者 ガイド】のサイトトップに戻る▲

FXとは?
FX(外国為替証拠金取引)とは? FXは金融商品のひとつです
FXと外貨預金の比較
FXと外貨預金・外貨MMF FXの手数料 FXのスワップ(スワップ金利) FXの柔軟なトレード FXの柔軟なトレード2 FXの柔軟なトレード3 FXのレバレッジ
初心者のためのFXのリスク
リスクコントロールが重要です 為替下落リスクにはレバレッジ管理 レバレッジについて@ 強制決済(ロスカット) レバレッジとロスカット レバレッジについてA 短期売買と長期保有
FX 業者の比較
FX取引業者の選択 FX取引業者の破綻 金融先物取引法 FX取引会社のおすすめについて 外為どっとコム(外為ドットコム) セントラル短資オンライントレード   ひまわり証券
FX 取引の方法 比較
FXの取引方法 キャリートレード
FXの税金
FXの税金
FX 初心者 用語解説
FX 初心者のための用語 1
初心者がFX を学ぶ
FXを学ぶ 本を読んでFXを理解しましょう 教材はタダで手に入れましょう FXのバーチャルで学ぶ
FX 初心者 参考教材
FXの書籍
投資・FX・貯金リンク集
FX 参考リンク集1
当サイトについて
当サイトのプライバシーポリシー 相互リンクについて・免責事項
 

FX (外国為替証拠金取引) 初心者 ガイドサイトマップ